いちおしタイビューティーのご案内

いちおしタイビューティーについて

私達はこの大都会、バンコクに移り住み、姉妹で力を合わせあい、日本人のために、バンコクに旅行代理店を併せ持つメディカルコンシェルジェです。 出会いの最初の瞬間から、さよならと手を振るまで、私たちに何ができるのか。お客様はなにを求めているのか。それを常に考えています。

私達が、日本人であること。そして血を分けた姉妹であることは、お互いにタイという国で暮らす上でも大きな力となり、楽しみでもあり、原動力でもあります。それが、お客様を助けることにつながれば、と考えています。

私達の特徴は、日本人(姉妹)が運営するタイの現地法人という事。 プログラムを成功に導くためには、関係施設(私達が主に取り扱いしているのは、セーフセンター)医師チーム(セーフセンターでのトップであるウィワット医師、助手のマオ先生など。)との綿密なやりとりとパートナーシップが不可欠。

時には電話で。時にはラインで。24時間一緒にいられる、頼れるパートナーのようなものです。着床前診断に対する分からないことは、すべて1ステップ、1ステップ、一つずつ丁寧に説明していき、お客様自身が今、私はどんな治療を受けて、どのような状況にいるのか、すべての疑問や不安を取り除いた上で、プログラムにチャレンジすることが、成功への近道だと考えます。ネット上での知識ではなく、何千人と日本人の着床前診断をケアしてきたからこその、膨大ねデータをもとに、その人個人にあった、生きた知識を惜しげも無くすべて与えます。

2011年の初旬から、この仕事をはじめてきてもう丸6年という月日がたちました。最初の2015年までは、毎月20組の依頼者のカップルがおとずれていましたが(その数、およそ年間1200件)16年からは少し人数制限をつけて、月に10組くらいにおさえています。それでも、2011年から考えると、私が手がけた着床前診断のプログラムはざっと数えても、1320件近く。こうしてみると、私がプロにならざるを得ないですよね。

とにかく、数をこなすこと。そうすれば、おのずとお客様の希望が見えてくる。失敗は成功にいたるためのワンステップと考えることで、徹底的に不必要なものを排除し、大切なポイントがつかめてくる。これが、私が、皆様に身をもって教えられた一番の宝だとおもっています。日本人同士だからこそ出来る細かな意志の疎通。私が今まで得た知識、通常なら、常識だとかんがえられていることが、まったく違う方向にいったとき、瞬時に対応できる能力。体外受精など初めてのお客様に、過去の1300件を超えるケースを担当してきたからこそ浮かぶ、本当にその方に役立つ知恵。

それを、母国語でしっかりこまかなニュアンスで説明できることに、私はこの道のプロとして、一人でも多くの人の願いを、叶え、幸せな未来へとつなげていきたいと思っております。

エージェントとしての役割

ブログラム全体のナビゲート

>詳しく見る

送迎サポート

>詳しく見る

日本国内での薬剤受け渡し、使用法のサポート