いちおしタイビューティーの診察ガイド

アシストハッチングの方法
採卵


アシストハッチングって?

受精卵(胚)は細胞分裂が進むと、胚盤胞となり、まわりを包んでいる透明帯から脱出(ハッチング)します。
着床前診断は、このハッチングした胚盤胞の一部を採取して染色体異常などを調べるのですが、高齢やその他様々な影響により、透明帯が硬化してしまいハッチングできない場合があります。
アシストハッチングとは、透明帯に処置を施してハッチングを補助する手法のことです。

haibanho

ひとつでも多く、受精卵を胚盤胞までそだてて、ハッチングさせ、
DNAをひとつでも多く取り出せることは、私達の大きな目的でもあり、
胚盤胞まで育った受精卵が拡張し、ハッチングするのを助ける大切な作業です。

セーフ ファティリティーセンターでは、「ブリーチング」という方法で
アシストハッチングしています。
狭い範囲で、穴は開けず、膜を薄くするだけのレーザーによる処置です。
せっかくアシストハッチングを行っても、胚にダメージを与えてしまってはいけません。
レーザーを用いることにより、安全で効果的なアシストハッチングを施しています。