いちおしタイビューティーの診察ガイド

2月3月の実績とその理由分析
全般

2月の採卵合計数 9組
2月の移植合計数 6組
3月の採卵合計数 6組
3月の移植合計数 4組
ひと組ひと組大切に妊娠を狙うことで、妊娠数をあげるということに目標をそそいできました。

2月の移植 6組の方から全員妊娠報告を受けました。(卵子提供1名含む)
この要因には、産み分けにまずは成功すること。とことん産み分けに特化した病院を見つけたこと。移植のホルモン剤選びから、丁寧な移植、希望する性に固執すること。
天才培養士ティダと、移植の天才、マオ医師と丁寧なカウンセリングと努力のたまものだとおもっております。
実際、セーフセンター在籍時代より2%成功率があがったこと(セーフセンター在籍中、68%の壁は6年間超えることがありませんでした)
この2%、されど2%と思うかもしれませんが6年打ち破れなかった記録更新。これは産み分けを目指す私にとって恐ろしいほどの快進撃なのでございます。

補足ですが、セーフセンターのウィワット医師とは長ーいお付き合いこれからもずっと仲良しでいたいです。

お陰様で、タイで挑戦された方のブログもどんどん増えて
それを読んでくださったお客様が沢山きてくださってます。口コミって大事なんですね!みんな、心から応援ありがとう!

3年前のタイでの産み分け大ブームの時期より取り扱う件数は減りましたが、そのお陰で、強制的笑に一人一人のケアはもっともっと丁寧に時間をかけお客様の治療、
過去暦をマオ医師と話しどうやったら、その人にあった治療が見つかるのかとことん解決策をさがしてきました。

それが今日の成功につながったのかなと、謙虚な気持ちになります。

2月の結果を見て、わかったこと。それはみんな、判定を待つ間、不安や恐れと戦ったであろうに、妊娠された時、マオ医師やティダさん、
そして私にまでありがとうと、沢山いってくださったこと。自分が一番がんばったのに他の方に対してありがとうと心から言えるそのあたたかい言葉。

マオ医師とよく話します。私達は、そのお客様のありがとうにささえられどんな辛いことも楽しく頑張れる。私達の方こそ、
みな様に心から幸せをわけていただき、ありがとうと、言いたいです。

日本での治療がうまくいかない方もそれで悲しみ、悩んでいる方も沢山いらっしゃると思います。
産み分けではなくとも日本での治療に行き詰まっている方もどうぞメールください。何か、新しい提案ができるかもしれません。